歯を失ってしまった方へ

歯を失ってしまった時の3つの選択肢

歯を失ってしまった時の3つの選択肢

虫歯・歯周病・外傷などで歯を失ってしまった時、そのままにしておくと他の歯が倒れてきて歯並びが悪くなってしまいますので、すぐに治療を受けるようにしましょう。歯を失った時の治療法には入れ歯・ブリッジ・インプラントという3つの選択肢があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。治療を行う際には丁寧に説明をさせて頂き、患者さんに納得のいく治療を受けて頂けるようにしています。

入れ歯

残っている歯にバネを引っ掛けることでお口の中に人工の歯茎と歯を固定します。

メリット

残っている歯を削る必要がない、簡単に治療が終わる、丸ごと洗浄できる、保険が適用できる

デメリット

強く噛むことができない、お口を開けた時に金属製のバネが気になる、お口の中で違和感がある、バネを引っ掛けている歯に負担がかかる
入れ歯

金属床義歯

金属でできているため温度を感じやすく、通常の入れ歯よりも食事や飲み物を楽しんで頂けます。また、薄く作ることが可能です。

メリット

・熱伝導率が高いため、飲食物の温度を感じやすい
・保険入れ歯の約1/3の薄さで入れ歯を作れるため、違和感が少ない

デメリット

・自費診療のため、料金が高め
・材質的に、修理がしにくい

料金(税込)

金属床部分床義歯:最小料金で220,000円となりますので、詳細はご相談ください。※お口の状況により費用が変わります。
金属床総義歯(コバルトクロム床):330,000円

ノンクラスプデンチャー

金属製のバネが付いていないため、お口を開けた時に入れ歯が目立ちません。また、異物感も軽減されます。

メリット

・金属の金具を使用しないため審美性が上がる
・金属アレルギーの方でも可能

デメリット

・金属床の入れ歯に比べて耐久性が低く、約2~5年毎に修理・作り直しが必要になる
・壊れた場合には修理が難しい

料金(税込)

部分入れ歯のみ:165,000円

ブリッジ

残っている歯を削って、その歯を支えにして被せ物を装着します。

メリット

強く噛むことができる、簡単に治療が終わる、保険が適用できる、目立たない

デメリット

健康な歯を削る必要がある、支えにする歯に負担がかかる、お手入れがしづらい

インプラント

人工の歯の根っこを骨に埋め込み、その上に被せ物を取り付けます。

メリット

強く噛むことができる、残っている歯を削る必要がなく負担もかけない、目立たない、手入れがしやすい。

デメリット

保険が適用できない、治療期間が長い、外科的な侵襲がある。
高血圧、糖尿病のお持ちの患者様はリスクが高くなります。
定期的なメインテナンスを行わないとインプラントが脱落する恐れがある。

インプラント

料金(税込)

総額:495,000円

骨との装着がされやすいインプラント

インプラント治療では、チタンで作られた歯の根っこを埋め込んでから3~6ヶ月間は、骨としっかりくっつくのを待たなければなりません。当院ではアストラテック社の「骨に付きやすいインプラント」を使用していますので、この期間を1ヶ月弱短縮することができます。

お問い合わせはお気軽に

武蔵小杉や向河原で歯医者をお探しの際は
お気軽にお問い合わせください。

9:30~13:00/15:00~19:00
※土曜日の午後:19:00まで
※休診日:木曜日・日曜日・祝日